本文へスキップ

パソコンの初期設定は簡単? パソコンの初期設定について紹介しています。パソコンの初期設定は、立ち上げの初期設定だけでは不十分!?...

 
Yahoo!ブックマークに登録このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンの初期設定について パソコンの初期設定は簡単?料金は?

このページでは、パソコンの初期設定内容や初期設定料金、難易度等について紹介しています。


 激安おすすめPC 1 激安おすすめPC 2  激安おすすめPC 3 
dynabook T554 T554/45L 富士通 FMVA53RB 東芝PN51RGP-NHA

パソコンの初期設定は簡単ではない!?


家電量販店で買いたいパソコンを選び、いざレジで精算をしようとすると、「パソコンの初期設定はどうしますか?」と案内が入る事があります。
初期設定なんか簡単に出来るだろうと思っている人も沢山いますが、実はパソコンの初期設定は簡単な作業ではありません。

インターネット上では自分でパソコンを組み立てるほど知識のある方達が「初期設定なんか簡単にできる!」と言われていますが、これも嘘ではありません。
なぜなら、パソコンに詳しい人は初期設定と初期設定後の設定の違いがしっかり分かっているからです。


一般的に言われるパソコンの初期設定とは、パソコンの電源ボタンを押して自動的に表示される設定画面に任意のユーザー名などを入力して終わる、説明書にも書いてある部分の事を言います。



しかし、自作パソコンの経験が無い方や、初心者の方、パソコンを毎日使っているが実際にはセキュリティやシステムの仕組みを知らない人は、初期設定だけやればいいと思っている人がほとんどです。



本当に大切なパソコンの設定はここから(パソコンの初期設定後の設定)で、設定が正しく出来ているか否かによってパソコンが壊れたり動作が不安定になる可能性も高まってきます。



パソコンの初期設定はあまりにも多くこちらのサイトでもわかりやすく解説されていますが、パソコン初期設定は使用する方の環境によっても違い、プリンタや無線ルーターの設定まで行う人では平均で8時間くらいはかかります。



パソコンを使う上で最低限やっておきたい初期設定など
 PCの電源ボタンを押して自動表示される初期設定  JavaとAdobeFlashPlayer、readerの更新
 Windows8の場合はスタートメニュー設定  ファームウェアの確認と更新でシステムを最適化
 Microsoftアカウント登録(任意) オンラインガジェット等の削除
 広告・ガジェット等の停止、または削除  復元ポイント自動作成の有効化
 WindowsUpdate MicrosoftUpdate 
 始めに入っているウイルス対策ソフトの削除または更新  リカバリーDVDを作成してリカバリー領域を守る
 新しいウイルス対策ソフトインストール  インターネット設定でインターネットの利用
 Defenderアンインストールまたは無効化設定  プリンタドライバのインストールと設定
 Officeライセンス認証をしてワードやエクセルの準備  無線LANを使う場合は無線LANの設定
 メーカー毎のファームウェア、システムの更新  メールの設定とメール送受信チェック
 IEなどのブラウザ設定でインターネット利用の準備  スタートアップの調整で起動速度を上げる



※リカバリーDVDが作れる機種では絶対に作成しておいたほうがいいです。
リカバリーディスクは書き込みに失敗したり、日数がたつと劣化して使えなくなる事もあるので、下のような信頼性のあるDVD-Rを使ってください。


画像をクリックで詳細


DVDメディアはこちらから安く買えます




パソコン初期設定は簡単には終わらず、上級者がやっても平均して5時間以上はかかります。
親切な販売員や詳しい販売員に接客をしてもらうと、このような重要な設定を案内してくれるのですが、「パソコンの初期設定なんて誰でも出来ますよ。」と、実際にパソコンを購入して使用する方の知識を一切知らないのにもかかわらず「初期設定は簡単」と言っている店員や、「僕は自作パソコンを作ってるけど初期設定は簡単だよ。」と言う方もいます。

PC起動時に行う最初の初期設定以外に、アップデートやセキュリティ対策方法の質問をしても、あまりに時間がかかる事と内容の複雑さや質問者の知識がどれほどあるかが分からない事から「設定は機種によって違うからマニュアルを見て。」とか、「画面のウィザード通りにやれば誰でも出来る。」などと適当な返事をされてしまう事が多いのです。

また初心者の方にとって危険なのは、実際にマニュアルやウィザード通りに進めると、10分程度で本当に初期設定が全て終わったかのように見える事です。

実際には初期の設定しか終わっていないのでウイルス対策など、その他に行う設定は沢山残っているので注意しましょう。



本当にパソコンに詳しく、初心者目線で考えてくれる方たちはこれ程面倒な作業を決して簡単とは言えません。



話は戻りますがここまでの話のとおり、パソコンの初期設定が終わったから完璧!というわけではありません。

WindowsXPやVista、7,8などのOSは不具合が見つかったり、悪意を持ったユーザーがパソコンを攻撃しようとします。「ウイルスバスターが入っていれば安心だ!」と思っている人も多いですが、実は間違いです。 
このOS自体を最新版にしておかなければウイルスがセキュリティソフトを簡単に通り抜けて来てしまいます。


そのために、WindowsUpdateやMicrosoftUpdate、その他にもjavaやAdobeのアップデート(マニュアル記載の無いパソコンの初期設定)をして、それぞれのプログラムを常に最新状態にしておく必要があります。

このアップデート関連も全自動でやってくれるので安心だと思っている方も多くいますが、間違いです。

工場出荷時での自動アップデートは一部のプログラムのみで、更に更新時間は夜中の2時や3時です。
夜中にPCをつけている人は一部の更新だけは出来ているかもしれませんが、MicrosoftUpdate等は初期設定時に変更しなければいけません。


「最近のパソコンは説明書にアップデート方法も書いていて簡単」と言う人も多いですが、これも間違いです。

説明書に書かれているものは、各メーカー毎に異なる一番初めの初期設定や、各メーカー独自に提供したソフト関連がメインで、最も重要なセキュリティ保護関連等は基本的に書かれていません。


「最近のPCはウイルスソフトがついているので何もしなくていい」という方もいますが、これも違います。

初めからついてくるウイルスソフトは、あくまでも試供版です。
1ヶ月〜3ヶ月で期限が切れて、それ以降は全く安全ではなくなります。


また、Windows8やWindows8.1では高速スタートアップといってPCの立ち上がりを早くする機能がついていますが、これが原因で不具合を起こすこともあるために高速スタートアップを解除したり、ニュースでも一時期話題となったInternetExplorerの問題を修正するためにアップデートをする事も大切です。

その他、試供版ウイルス対策ソフトの期限が過ぎた後も新しく期限の残っているウイルス対策ソフトをインストールしておかなければ、インターネットに接続していなくてもウイルスやスパイウェアの進入口があります。

そこで、新たなウイルス対策ソフトをインストールするときに、試供版のウイルス対策ソフトが残ったままの状態で新しいウイルス対策ソフトを入れてしまうとパソコンの中でシステム障害が発生し、パソコンが壊れてしまう事もありますので、始めから入っていたソフトは必ずアンインストールしておきましょう。セキュリティソフトを沢山いれるほど効果が高まるものではないので注意が必要です。

ウイルス対策ソフトにも色々ありますが、ウイルスバスターや下記ESETもおすすめです。



(評価機関であるAV-Comparatives,AV-Test,Virus Bulletin,Checkmark,ICSAのレポート参考にしています。)



これだけでも頭が混乱してしまうかもしれませんが、実はまだまだあります。
パソコンの購入店では有料で初期設定を申し込める事もありますので、不安な方はお店の人に任せてしまったほうがいいです。

しかし、多くのお店では設定代金が平均で14000円〜となっている事がおおく、リカバリDVDの設定まで依頼すると平均2万〜4万とかなり高額になります。
某家電量販店ではインターネットの設定まで依頼すると5万円近くかかり、他に買いたかったプリンタや電話機が買えなかった事はもちろん、結局はパソコンの値段より高くなったというケースもあるようです。

この高額な金額は、ただ高いのではなく設定の内容によって値段が変わります。
パソコンを立ち上げるだけの初期設定では、大体どこのお店でも8000円程になっています。
しかし、だれでも出来るような立ち上げ設定だけに8000円を払う人はあまりいないので、その後の設定内容なども含めた金額で提示しているために高額になっています。


自分では出来ない、難しい、と思う人には高く感じない人もいるかもしれませんが、自作パソコンを数十台以上と組み立てる程の方達からすると高く感じるかもしれません。


初期設定が不安な人やPCを買ったお店の設定料金が高い時でもオススメの解決方法


パソコンに詳しくない方はパソコン初期設定の重要さを知ると、自分でやるのではなく全部お店に任せたくなるかと思いますが、せっかく安く買ったパソコンに初期設定に大金をかけるとなれば財布にもかなりのダメージです。
しかし、パソコンを安く買うだけではなく、設定も安く依頼する方法があります。

実は、こういったパソコンの設定をやっているのはパソコン販売店だけではなく、パソコンの初期設定などを安くやってくれる専門のお店もあります。
パソコン販売店でPCを売っているスタッフが空いた時間に行う設定ではなく、きちんとしたパソコンの初期設定を専門でやっていますので当然設定内容はしっかりしている事でしょう。

さらに、家電量販店は4万近くかかっても、1万円以下でやってくれる良心的な業者もあるので、不安な方はそういったパソコンの初期設定専門業者に任せてしまった方が確実です


その中でもこちらのPC初期設定業者は初期設定の内容もしっかりしていて値段も一番安いのでおすすめです。

近頃販売されているパソコンのOS(Windows7やWindows8、Windows8.1など)ではリカバリーDVD制作をするにも大容量USBメモリやHDDが必要な事も多く、16GBのUSBメモリでも平均で3000〜6000円くらいはします。
更に殆どのショップではリカバリーDVD制作だけで1万円前後の費用がかかります。

某電器屋やPCショップでは設定に3万円以上かかる内容にも関わらず、上記業者ではウイルス設定やリカバリーDVD制作など必要な設定も全部入って1万円以下なのでUSBメモリ・DVDの費用や1日作業になる程の初期設定時間まで考えると、パソコンが得意な人でも全て任せてしまった方が安上がりで安心かもしれません。



パソコンの初期設定について(まとめ) 

せっかくパソコンを安く買ってもパソコンの初期設定やインターネット、周辺機器でお金がかかってしまっては安いパソコンを探した意味も一気になくなってしまいます。

・パソコンは
電気屋さんやネット安く買う。

・初期設定は安心出来る初期設定の安いショップで依頼する。

・インターネットの契約はネット上で高額キャッシュバック を狙う


上の3つともマスターすれば今後パソコンの購入で損する事は無くなると思いますが、1つまたは2つおさえるだけでも、通常の倍以上は充分にお得なお買い物になるはずです。

また、インターネットの設定は難しいと思っている人が多いと思いますが、インターネットの契約をすると自動でセットアップをする専用CD-ROMが届き、手順に従って行うと5〜10分程でおわります。
万が一インターネットの初期設定がわからないとしても、プロバイダーへ相談することで教えてくれる事が多いです。

※プロバイダーや契約方法によってはセットアップ用のCD-ROMはもらえずに、LANケーブルやWi-Fiで接続するだけでインターネットが使用出来るものもあります。


こうした事は説明書に書いてくれると嬉しいものですが、ユーザーによってパソコンの使い方も変わるからこそ書かれていないのかもしれません。

パソコンの初期設定が難しいか簡単かという疑問については、結局人それぞれという事になりますが、個人的にも自作パソコンの経験者やパソコンの操作を教える立場の方、ネット上の質問に書き込みが出来る程の人達であれば簡単と思うかもしれないが、説明書にも書かれていない内容が多すぎるために、初めてパソコンを買う人にとっては
簡単なはずが無いとも言えるでしょう。






便利なPC関連商品 おすすめランキング(画像をクリックで詳細)
     
ノートPCの必需品 TK-PBL042BK パソコン掃除も大切!





QLOOKアクセス解析